入学後の進路について

入学後の進路について

中学校受験を目標とした際には、自ずと将来の進路についても考えるものだと思います。親御さんが子供に進んで欲しいと考える道はあるでしょうし、子供が進んでみたいと考えている道もあるでしょう。それなので、入学後の進路と言うのは親御さんにしろ子供にしろ非常に気になる点だと思います。しかしながら、たとえ同じ中学受験だとしても入学する学校によって大学までに到達する道のりは異なります。

 

まず『私立の中高一貫校』に進んだ場合ですが、このケースでは高校受験はありません。エスカレーター式で高校課程に進学出来る流れとなっています。大学への進学がどうなっているかと言うと、系列大学へ進学する事が可能となっています。しかしながら、生徒全員がエスカレーター式で進学出来る訳ではないので注意が必要です。学校の成績や統一テストの結果によって選抜される形になっているので理解しておきましょう。それから、系列大学への進学に拘りがないのであれば、それ以外の大学にも進学は出来ます。しかし、その場合には受験が必要になるので覚えておいて下さい。

 

次に『公立の中高一貫校』に進んだ場合ですが、この場合は私立の中高一貫校と同様にして高校受験を受ける必要はありません。しかしながら、大学が併設されている訳ではないので、大学に進みたいのであれば受験する必要がありますね。そらから『国立付属中学校』ですが、この学校に進学した場合、併設校があるかないかによって受験があるかないかも変わってきます。併設校がある場合にはそのまま併設校に進学出来ますし、ない場合には当然受験しなければなりませんね。大学受験をする際には、たとえ国立付属校の出身であったとしても受験しなければなりません。

 

最後に『中学校のみ』の場合ですが、このケースでは高校や大学が併設されていない所があります。併設されていないケースでは、高校・大学進学をしたいのであれば、一般の受験者と一緒に受験して合格しなければなりません。以上の様に、中学校受験を実施している学校でも色々なタイプがあるので進路方法は様々です。どのタイプの学校に通うのがご家庭の方針、それから子供の適性に合っているのかを見極めた上で学校を選ぶ様にしましょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告