学習指導要領との関わり

学習指導要領との関わり

中学校受験を突破して希望の中学に入学したいのであれば、小学校の学習指導要領との関係も是非理解しておいた方が良いでしょう。現在使用されている学習指導要領とは色々と物議を呼んでいる『ゆとり教育』となっています。以前の授業と比較すると、授業数や授業内容が削減されて楽な内容と言わざるを得ません。ゆとりがある教育なので、子供達が学校生活をのびのびと自由に過ごせると言った側面もあります。

 

しかしながら、ゆとり教育は中学校受験を目指している子供達からすれば学力差を生み出してしまう弊害となります。ゆとり教育の結果、有名校や難関校の受験を受ける子供と一般的な中学受験を受ける子供の間に言い難い大きな差を生んでしまっています。この様な事実は、学習指導要領との関係を否定する方を黙らせる事実とも言えます。その様な事態をようやく理解した結果、最近ではやっと『脱ゆとり教育』と言う声があがってきました。

 

『脱ゆとり教育』とは今までの間違った教育である『ゆとり教育』を変えていこうとする働きになります。この様な働きは学力レベルの差を縮めるだろうと予測されています。この様な動きを受けて2011年から『新学習指導要領』と言う『脱ゆとり教育』の内容が組み込まれた制度が小学校でスタートします。1・2年生は一週間に2コマ授業数が増えて、3〜6年生は週に1コマ授業が増える形になっています。それに加えて5・6年生の場合には英語の授業を受ける様になります。脱ゆとりに合わせて教科書も新しいものに変わります。

 

単純に義務教育課程の内容がパワーアップする事になれば、中学受験を目標にして頑張っている子供達は更に理解を深めてパワーアップしなければなりません。以上の様な理由から、学習指導要領がより良く変わる事によって、子供達全体の学力レベル向上が見込めると言う訳です。中学校受験を乗り切る為にはこの様な変化にも臨機応変に対応出来る事が重要になってきますね。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告