算数の重要性

算数の重要性

中学校受験を成功させる為には算数の理解度が非常に重要だと良く言われています。何故かと言うと、算数に対して苦手意識を持っている子供が大変多いからです。中学校受験を控えている全ての生徒が苦手と言う訳ではなくて、中には算数が得意な生徒もいます。しかしながら、小学校になってから本格的にスタートする算数と言うのは、例えば問題を理解するだけでも大変だと言われています。今までの生活に馴染みがなかったのだから理解出来ないのも仕方がない事なのかもしれません。

 

算数を勉強するにあたって最初の関門となるのが繰り上がり繰り下がりの計算になります。この計算によって多くの生徒が算数に苦手意識を持ってしまいます。しかし、だからと言って苦手意識を持ったまま中学校受験を迎えるのは得策ではありません。中学校受験の内容を見てみると、小学校で学んだ内容が網羅されているだけに留まらず、より高度な問題が提出されるケースがあるかです。

 

効率良い学力アップを期待しているのであれば、低学年の内に何とか算数に対する苦手意識を払拭しておく必要があります。算数の苦手意識を攻略する方法としては、何よりも解ける楽しさを味わう事が重要です。誰かに教えてもらって正解したとしても充実感を得る事は出来ませんよね。何よりも、その様なやり方を選んでいたのでは何時まで経っても自分に力は身に付かないでしょう。

 

自分で頭を使って導いた正解ならば単純な問題だとしても、面白いと言った実感を味わう事が出来ます。正解したと言う喜びが自信に繋がっていくはずです。この様にして解く事の楽しさを実感していけば、次第に難しい問題へのチャレンジも始まっていくでしょう。中学校受験を受けるにあたって本格的な準備を始めるのは大体5年生になる頃だと言われています。その準備をスムーズに向かえる為にも、低学年の内に算数に対する苦手意識をなくしておきましょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告