私立中学の試験内容

私立中学の試験内容

私立校の中学校受験とはどの様になっているのでしょうか。一般的な内容を紹介していきたいと思います。まずは『学力試験』の内容ですが、これは国語と算数を受ける2科目タイプ、それから国語・算数・理科の3科目タイプ、そして国語・算数・理科・社会の4科目タイプがあります。

 

私立校の中学校受験の場合には、上述したどれかのパターンで学力試験が行われる形になっています。合否判定に学力を重視して決めている難関校の場合には、4科目試験を採用している所が大抵の様ですね。それから、英語教育に力を注いでいる学校の場合には、英語の試験を実施している所もある様です。

 

私立中学校受験と言うのは、得てしてその学校の理念や精神を基にして作られているものです。それなので、試験の出題傾向が明確になっているのも特徴としてありますね。特徴を上手く掴んで対策を練る事が重要です。

 

次は『面接試験』のない様ですが、面接試験は幾つかのタイプに分ける事が出来ます。親子で面接を受ける形、子供の面接、それから子供のグループ面接などもあります。中学校受験における面接の意味はそこまで大きくなく、合否判定にあまり関係性はないとも言われています。しかしながら、私立校においては学校にマッチする人材を求めている側面がある事も忘れてはいけません。面接試験を受けるにあたって、基本的な知識や能力はなるべく身に付けておいた方が無難でしょう。面接試験以外にも運動などの実技試験を実施している学校もある様です。

 

以上の様に、私立中学の試験内容と言うのは一般的と言われていようとも様々なパターンが存在しています。各学校ごとに特色があるのと同様にして、試験内容自体にも学校独自の色があると言えるでしょう。学力試験を受ければ分かると思いますが、出題される問題には傾向が明確に表れています。それなので、過去問題集を解いたり、情報収集をきちんと行っていけば、試験内容を具体的に把握する事が出来るので合格が近付く事でしょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告