公立中高一貫校について

公立中高一貫校について

相変わらず私立校の人気は高いですが、最近では公立中学校の受験も注目を浴びる様になってきました。公立中学と言っても全ての中学に受験が必要と言う訳ではなくて、中学・高校の6年間を一貫教育で行う学校限定の話です。それなので、一般的な公立中学とは異なるので混同しない様にして下さい。中学受験が求められる公立中学は2タイプあるので紹介します。

 

まずは『中等教育学校』があります。このタイプは中学と高校と言った具合に分ける事をしないで、前期課程としての3年間と後期課程の3年間と言うスタンスでカリキュラムが組まれています。それなので、所謂高校にあたる後期課程からの募集は行っていません。6年間同じ仲間と切磋琢磨出来る環境と言うのは魅力的なメリットと言えますね。

 

次のタイプとして『併設校』があります。このタイプは県立や市立の高校に中学校が併設されている形となっています。中学校受験を突破して見事入学を果たした生徒は、エスカレーター式で高校へ進む事が出来ますが、併設校になるので高校から新たに入学してくる人もいます。それなので、新しい仲間との出会いや新たな刺激など環境の変化が望めますね。ただし、人間関係に加えて学力差などの問題によって、中学からの既存の生徒達と新たに入ってきた生徒達とでクラス編成が難しいと言った問題も確かに存在しています。とは言っても、刺激し合える新たな機会になるので、この環境の変化に大きな魅力を感じている生徒も多いようです。

 

双方どちらのタイプの学校でも私立に負けない質の良い教育が受けられる事でしょう。私立校との一番の違いは何と言ってもそのかかる費用になります。私立と同じ様に中学受験は存在していますが、何を言っても公立校な訳です。それなので、義務教育にあたる中学校での授業は勿論無料。それから、高校の課程に進んだとしても、公立高校と同等の学費で問題はありません。その様な費用になっているので、私立校に進むと年間100万円程度必要になりますが、公立校に進めば3分の1程度の費用で済みます。この様に非常に費用を抑える事が出来ると言う点が、公立中学校受験が注目を集めている一番の理由と言えるかも知れませんね。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告