私立中高一貫教育について

私立中高一貫教育について

目標を私立の中学校に絞って受験対策を行っているご家庭も多い事でしょう。その様な家庭の多くが、中高一貫教育の学校を目指していると思われます。中学校受験の傾向を見てみると、私立校は常に人気が高くなっていたので、魅力に溢れる学校が私立校には多いのかも知れませんね。何故私立校に人気があるのかを調べてみると、その教育環境が非常に大きく関係している様なので、幾つか紹介していきます。

 

まず初めの理由として『理念や校風に基づいた教育環境がある』と言う事です。中学校受験を行っている中学校と言うのは、得てして『こうなって欲しい』や『こう育てていきたい』などの明確な理念をもって生徒達に接しています。この様な理念と言うのは人として成長して行く上で欠かせない事と言えます。それから、将来社会に出た時にもこの様な理念は役立ちますよね。このような人間を成長させる理念を、6年間一貫した精神で学べると言うのは思いのほか大きな事です。大人になった時に、社会の一員として恥じない自分を築く最適な環境があるとも言えるのではないでしょうか。

 

2つ目のポイントとしてあるのが『指導内容』となっています。私立の中高一貫校に進めば分かりますが、公立校と比較した場合に自由なカリキュラムが組まれている事に気づくはずです。具体例を出すと『先取り学習』などは顕著な例ですね。次年度の学習内容を組み込んだ学習が行われたり、大学受験対策の授業がカリキュラムに組み込まれています。何故この様な事が出来るのかと言うと、私立中高一貫校の場合には、教科の時間数を多く設定する事が可能になっているから出来るそうです。

 

決められた枠に沿って勉強するのではなくて、効率の良い学習を目指してカリキュラムが組まれている事も、私立中高一貫校の教育の魅力とも言えますしアドバンテージとも言えます。それ以外の要素としては、私立中高一貫校に進むと『ゆとり』が生まれる点も評価されている様です。学力向上に加えてゆとりもある学校生活を歩めると言うのは、私立中高一貫校ならではと言えそうですね。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告