入学にかかる費用

入学にかかる費用

中学校受験合格を目指しているのであれば、入学する際に必要となる費用、そして在学中に必要となる費用のチェックもきちんと行っておいた方が良いでしょう。中学校への入学するに当たってどの様な費用が発生するのでしょうか。以下に紹介していきます。

 

まず入学するに当たって必要となるのが『入学金』です。私立校に進むのであれば必ず必要となる費用です。金額はバラつきあり一概には言えませんが、大体安い学校で20万円程度、高い学校に進めば100万円程度必要となっています。それから、最近の流れとして、他校の受験を考慮して延納制度を採用している学校が増加している模様です。この延納制度と言うのは、入学手続き金として費用の一部を納める形を取り、入学が確定した後に残りの残金を学校に収めるやり方です。それから、入学を辞退した場合に返金を行ってくれる学校もあるので事前に調べておいた方が良いでしょう。中学校受験で併願使用と考えているのであれば、納入方法と返金制度は必ず事前に調べておく必要があります。何はともあれ、一番入学金がかかる費用になるので、事前にきちんと計画を立てておく事が何より重要です。

 

次に必要となる費用としては『施設費』と『設備費』があります。この費用も私立校に進むのであれば、絶対に必要となる費用です。入学時だけ必要となる費用ではなくて、毎年徴収されるタイプの費用だと認識しておきましょう。中には中学受験を突破した人が対象となる『入学金』に含まれている学校もあるのでチェックしましょう。

 

3つ目に必要となる費用として『初年度納入金』があります。これは『授業料』がメインと言えますね。授業料以外には、教材費・給食費・後援会費・積立金などが該当します。中学受験の募集要項に初年度納入金の詳細が記載されているはずなのでチェックして下さい。各学校によって項目は異なる様なので、事前に気になる部分は確認しておいた方が良いですね。費用の問題と言うのは、親御さんが一番デリケートになる問題とも言えます。それなので、子供が受験勉強を頑張っている合間に、親御さんはしっかりと費用面での事を考えておいた方が良いですね。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告