面接試験について

面接試験について

中学校受験における近年の傾向として面接試験を省いている学校が増加してきています。これは、学力試験の結果が重要視されている故の現象とも言えます。しかしながら、面接試験を実施している学校は少ない訳ではなく多くの学校で行われています。それなので、受験を検討している学校の中にも面接試験を実施している所はある可能性は高いです。試験での得点が合否ラインすれすれの場合には、面接試験によって最終決断が下されると言われています。準備不足でしたでは話にならないので、面接試験の準備もきちんと事前に済ませておきたいですね。

 

ここでは、中学校受験の面接試験で質問される内容を幾つかピックアップしていきます。まず受験者への質問としては、以下の内容があります。『学校を選んだ志望動機』『学校の印象はどうか』『あなたの趣味や特技は何か』『小学校時代に熱中していた事はあるか』『将来何かやりたい事はあるか』『具体的な進路』『家族のこと』『入学した後に何かやりたい事はあるか』

 

次に保護者への質問も幾つか挙げていきます。『何故この学校を選んだのか』『家庭での教育方針はどの様なものになっているのか』『しつけはどうなっているか』『子供の性格はどうか』『学校にどの様な事を期待しているか』など親御さんにしろ子供にしろ、質問には自信を持ってはっきりと答えられる様に事前にしっかりと準備しておくと良いですね。はっきりとした口調に加えて、端的に相手に伝わりやすく答えると良いですね。

 

それから、学校サイドは中学校受験の面接試験において以下の事をチェックしているので把握しておいて下さい。まずは面接態度と言葉づかい。基本的な生活習慣もチェックポイントです。そして学校の雰囲気に適しているかどうかも見られています。それから、『失礼します』や『よろしくお願いします』などの基本的な挨拶にも気を付ける必要があります。些細な事ですがきちんとチェックされています。緊張のせいで曖昧になってしまう可能性が高いので、気を付けて下さい。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告