塾について

塾について

中学校受験を成功させたいと考えている多くの子供が塾に通って勉強をしています。塾には2つのタイプがあるので、気を付けて下さい。まずは『大手進学塾』と言うのがありますね。これは四谷大塚や日能研そして市新学院などが中学校受験では有名ですね。これらの大手塾は主要都市の駅近くにあり、非常に通いやすい上に情報力がとても強いので、それらを期待して様々な地域から生徒が勉強をしにきます。実際に行われる学習と言うのは、学力別や志望校別などでクラスが分けられる形になっているので、自分のレベルに合わせた授業を受ける事が出来ますね。それから、状況に対応する形で補習授業が実施される場合もある様です。

 

大手進学塾の他には『個人塾』がありますね。これは塾のある地域に住んでいる生徒たちが集まる傾向がありますね。規模が小さい事を充分に活かして、細部に渡った細かい指導が行われているのが特徴としてあります。個人塾だからと言って悪い訳ではなくて、中には大手に匹敵する指導力と情報力を持っている個人塾も存在します。どちらのタイプの塾が良い悪いのではなくてどちらにも魅力的な部分があります。では、何を基準にして塾を選べば良いのでしょうか。

 

まず一番気になるポイントとして『指導内容』があります。集団指導を行っているのか、または個別指導なのかは事前に把握しておきたいものですよね。双方どちらにもメリットとデメリットがありますし、単純に子供のとの相性と言った問題もあります。それなので、きちんとお子さんの学力レベルや学習ペースとマッチしている指導が行われているかどうかを確認しなければなりません。のんびり過ぎる指導を行っているのも考えものです。効率良い学力アップが期待出来るかどうかが重要なポイントです。

 

2つ目のポイントとしてあるのが『続けられる事が出来るかどうか』になります。続けられるかどうかは塾のある場所が関係してきますね。例えどんなに評判の良い優秀な塾だとしても、通う事に過度のストレスを感じてしまう様では続ける意味はないですね。それから、やたらと緊張してしまう塾と言うのも、学習ストレスを溜め込んでしまいかねません。塾に通って勉強する場合には、無理なく続ける事が出来て尚且つ成長出来なければ意味がないですよね。子供の性格や意見などをきちんと考慮した上で続けられそうな塾を選ぶと良いでしょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告