偏差値について

偏差値について

中学校受験において一つの目安として存在しているのが『偏差値』になります。中学校受験の準備として情報を集めていくと各学校の偏差値に遭遇する事が多くなると思われます。それなので、偏差値が気になって仕方ないと言う方もいるでしょう。偏差値を端的に表すと、ある集団において今現在どこの位置にいるかのを示す一つの目安と言えます。単純に考えれば偏差値50ならば集団において真ん中にいる事を表し、70〜80になれば集団の上位にいるとなりますね。集団のどこにいるのかが分かると言う特徴が偏差値のメリットと言えます。

 

一般的には受けたテストの評価をする方法としては、その点数や順位が使用されるでしょう。例を挙げると、仮にテストで75点を取ったとします。この場合に点数だけの判断をするとなれば75点ならまあ良く出来た方かなと考えるかも知れませんが、それが一体テスト受けた人の中でどのランクにいるのかは全く判明しません。それをより明確にするのが順になりますね。

 

学校単位や地域単位などある程度限定された地域ならば、今の自分の位置を順位で知るのは容易な事です。しかしながら、中学校受験と言うのは限られた地域の話ではなく、ましてや同じ学校の生徒がそうそう同じ所を受ける訳ではなく、様々な所から生徒が受験しにきます。各学校で受けているテストの内容やタイプがどうしても違ってくるので、点数や順位のみの判断では自分の位置が明確にはなりません。その様な不明瞭な状態を破る為に『偏差値』が必要となる訳です。

 

中学校受験を目標としている学校の偏差値を初めて見た場合に、そのあまりの高さに腰を抜かす事があるかも知れません。しかし、その数値を見ただけで学校を諦めてしまうのは早計です。公表されている偏差値と言うのはあくまでも中学校受験を受けた子供達の統計となっているからです。その学力を身に付ける為に努力した子供たちのレベルが表されている訳なので、最初からその様な学力を身に付けている子供は少ない考えて良いでしょう。偏差値と言うのはきちんと継続して学習を続けていけば必然的にアップすると言われているものです。それなので、あくまでも目安として考える事が重要です。そして少しでも近づける様に努力していきましょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告