中学受験の準備について

中学受験の準備について

受験の準備を何時始めれば良いのかと言う問題は中学校受験を考えている親御さんからすると非常に気になる所と言えるのではないでしょうか。気になる要素の一つとして『準備開始時期』と言う問題があります。一般的な例を出してしまうと、小学校4年生になったのを一つのきっかけとして中学校受験をスタートさせる様です。

 

4年生スタート時期が一般的イメージとしてありますが、塾で話を聞くと4年生からでは遅く3年生から始めるべきとの意見があります。と言うのも、ゆとり教育の弊害として学習内容が削除されている事実があるからです。確かにその様な事を配慮した場合に3年生から始めるのも分かりますが、前倒しをして準備をしたとしても子供自身に身に付いていかない様ならば全く意味のない事です。子供と言っても各子供で特徴が異なるものなので、5年生からスタートしても合格可能なケースも充分あるので、子供の学力を考慮した上で準備時期を決めた方が良いでしょう。

 

次に『学習の進め方』と言う問題があります。中学校受験合格の為の準備をスタートさせる事になる4年生においては、今までの学んできた事を頭に定着させる様にしなければなりません。この大切な時期に『読み取る力』と『解く力』をきちんと身に付けさせておく事が重要です。

 

5年生を迎えたのであれば中学校受験対策を本格的に始める必要があります。中学校受験で実際に出題された問題を解いたり、受験する学校の傾向と対策を覚えたりするなど、反復学習を行っていきましょう。5年生の半ばとも言える後半に進んだのであれば、中学校受験者を対象としている模擬テストを受ける様にしましょう。今現在での学力レベルを確認するのが第一の目的ですが、中学校受験の雰囲気を味わっておくのも重要なので存分に活用していきましょう。中学校受験を受ける子供達と言うのは、受験がなければ友達と遊んでいたい年頃とも言えます。それなので、受験準備がストレスになってしまい、人知れず苦しんでいる可能性もあります。その様な状態に陥らせない様に気分転換を忘れずに勉強をしていきましょう。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告