公立中学受験について

公立中学受験について

近年の中学校受験を俯瞰的に見た場合に公立中学受験が注目を集めていると言えます。ただし、公立中学校と言っても受験が行われているのは、中高の6年間通しての一貫教育を実施している中高一貫校限定の話となります。それなので、一般的な公立中学校とは違うので把握しておいて下さい。それでは、中学校受験を行っている公立中学の特徴を見てみましょう。

 

まず人気を集めている一つ目の理由としては『一貫教育』を挙げる事が出来ます。一貫教育と聞くと大抵の方が私立学校を思い浮かべると思いますが、最近では中高一貫校システムを導入している公立校が増えてきました。その様な事実もあり、高い授業料が必要となる私立校ではなくても、公立校に入学して6年計画で考えられたカリキュラムを味わう事が可能になりました。

 

その次の理由としては『地域性』を挙げる事が出来ます。公立校の場合にその特性ゆえに、ある程度限定された地域に住んでいる生徒が集まる形になっているので、地域との関連性が生まれます。同じ地域の他の学校との交流に始まり、地元企業や研究機関の協力なども得やすいので、これらは公立ならではの特徴と言えるのではないでしょうか。

 

上述した理由以外に一番シンプルな理由として『学費』があります。私立との一番大きな違いとして、必要となる学費の差が挙げられます。私立中学校に入学した場合には大体6年間で500万円前後の学費がかかると言われていますが、公立中学校に進んだ場合には大体1/3以下の学費で足りてしまいます。公立中学校を選んでいる方はこの面を非常に考慮して選んでいるのではないでしょうか。また、学費が安く済むからと言って私立校よりも授業内容が劣っている様な事はなく、私立に負けないくらい充実したカリキュラムで学習を進めています。子供の将来を考えて中高一貫校に進学させてあげたいと考えた際に、私立への道を考えるとどうしても経済面がネックになってしまうものです。その様な悩みを払拭してくれるのが公立中学校受験と言えるのではないでしょうか。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告