国立中学受験について

国立中学受験について

中学校受験と言っても色々とありますが、その中でも国立中学校受験は限られた受験と言えるでしょう。と言うのも、住んでいる地域が受験要綱で決められている事や、学校数自体が私立と比較した場合に少ない事、そして国立中学校受験を見事合格する為には非常に高い学力が必要になるからです。その様な事実があるので、国立中学校受験は中学校受験の最難関とも形容されています。限定的な受験とも言える国立中学校受験ですが高い人気を誇っています。その理由を紹介していきます。

 

まず一つ目の理由として挙げられるのが『学費』になります。国立中学と言うのは基本的スタンスとしては公立中学入学と捉えても問題ありません。それなので授業料は無料となっています。私立中学校に入学した場合には、毎月高い授業料を払う必要があるので、不況が終わらない現在日本においては人気が高まるのも当然と言えますね。質の高い良い授業が公立中学校と同じ費用で受けられると言うのは、非常に魅力的と言えるのではないでしょうか。

 

その次の理由としてあるのが『環境』です。以外に思われるかも知れませんが、基本的なカリキュラムと言うのは公立中学校と変わりはありません。しかしながら、国立中学は国立大学の付属高校になるので、学力を向上させる為の特殊なカリキュラムが存在しています。それに加えて、上を意識している学習意欲の高い生徒たちが切磋琢磨しているのも良い環境と言えますね。以上の様に、質の高い安定した教育環境に身をおけると言う事が国立中学の魅力の一つとして挙げられますね。

 

人気が高い理由の一つとして『卒業後の進路』もあります。国立中学校の進学実績を見てみると、所謂難関高校や大学への進学が多い事が分かります。将来有名大学への進学を目標としている場合には、国立中学校の進学実績が魅力的に映る事でしょう。魅力的であるが故に合格倍率も高く大体5〜10倍程度となっています。この高い倍率が毎年続いていると言う事は、上に挙げた魅力以外にも何かしら良い所があるのではないでしょうか。

 

大学受験についての情報をお探しでしたら、大学受験ネットをどうぞ。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告