中学受験なら『中学受験ネット』

現在の中学受験について

近年の日本において中学校受験を希望する方は増えてきています。何故中学校受験が増えてきたのかと言うと、その背景には『ゆとり教育』があると言われています。『ゆとり教育』がスタートされた約10年前から増加傾向が見てとれます。『ゆとり教育』の概要を見てみると、完全週休5日制と学習内容が大体3割程度削られる事が決められています。子供達からすれば、学校にいかずに遊んでいられる『ゆとり』のある生活を満喫出来る様になったので、好意的にみれば勉強以外の様々な事に挑戦する時間が増えたとも解釈出来ます。

 

しかしながら、その一方で親御さん達は一抹の不安を感じずにはいられませんでした。単純に学習内容が削られる事によって、子供の学力低下が避けられないと危惧したからです。この様な背景があるので、子供の学力向上を期待して中学校受験を目指す家庭が増加していったと見られています。

 

では、ここで中学校受験を受けている実際の人数を確認してみましょう。中学校受験が最早当たり前の認識の一つになりつつある首都圏の場合では、その人気が高まり出した時期で大体10人に1人の割合で受験者がいた様です。より中学校受験が浸透してきた最近では大体5人に1人が受験する割合となっています。この数字を見ると中学校受験の人気の高さが分かるのではないでしょうか。それから、実際に入学する事が可能な人数と言うのは各学校によって決められているので、中学校受験が誰でも受かる簡単なものではない事も分かります。しかしながら、少子化が社会問題として顕著になってきたこれからの未来においては、必然的に受験率が低下もしくは横ばいが続く可能性が高いですね。

 

人口の減少によって必然的に児童が少なくなってきているのにも関わらず高い受験率を誇っていると言う事は、子供の教育に力を入れている親が増えてきた事を表しているとも言えますね。この様な状況と言うのは、今後も続く可能性が高いと言えます。中学校受験とは狭き門なので、受験を決めた家族には厳しい環境が求められる事も理解しておきましょう。

 

大学受験を検討している人には、予備校比較サイトの大学受験ネットがオススメ。


中学受験に役立つ学習教材

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


広告